ある休日に主人と話していて、「今日の夕飯は何にしようかな?」と何気なく言った時の事です。
主人は「簡単なものでいいよ。
カレーとか」と言いました。
このセリフに違和感を持った主婦の方、意外と多いのではないでしょうか。
何が違和感なのかというと、「カレー=簡単な料理」ではないのです。
私は「カレー」というワードを聞いただけで「面倒だなあ」と思ってしまいます。
カレーを作るとなると、先ずジャガイモの皮むきに少々時間がかかります。
また、玉ねぎ、ニンジンを切って、お肉も加えてしばらく煮込まないといけないのです。
炒め物よりもよっぽど手間も時間も掛かるし、面倒だと思うのは私だけでしょうか。
まぁ、あとはご飯さえ炊けば他のおかずを作らなくても良いという利点はありますが…。
カレーは素早く簡単に作れるものではありません。
カレーは作るのが面倒だけど、「味の失敗が無く誰でも作れる」ということですね。
これを「簡単に素早くできる」と勘違いしている方が居たら、今日から認識を変えてもらいたいものです(笑)カレーって意外と手間がかかるんですよ~。
ホワイトラグジュアリープレミアム 効果