» 2017 » 10月のブログ記事

インフルエンザ マスクの正しい選び方とつけ方!

マスクにもいろいろと種類があり、
薬局に買いに行っても、いったいどれがいいのか迷いますよね。

インフルエンザ予防におすすめのマスクには

大きく分けて以下の3つの種類があります。

①子供におすすめ!ガーゼマスク

やわらかい生地で付け心地のいいマスク。
保湿と保温に優れていて、洗濯して繰り返し使えるので経済的。

ただ、他のマスクに比べると目が粗いので
ウイルスの拡散予防には不向き。

色々な絵柄がついたデザインがあったり、
お家で作れるので、 お子さんにオススメ ですね。

②経済的で普段使い!不織布マスク

厚生省も推奨しているマスク。

一般の大人が風邪やインフルエンザ予防として

普段から使うには一番オススメのマスクです。
目が細かいので、ウィルス飛沫をしっかりガードしてくれます。

ただ、くしゃみやつばなどに付着した
ウィルスはガードしてくれますが、

ウィルス自体はマスクの網目よりも小さいため
予防は難しいです。

③高性能!ウィルスも阻止!N95マスク

サージカルマスクのN95は、
本来医療現場でも使われる超立体構造で、
鼻と口にピッタリフィットさせるため
ちょっと息苦しいのが難点。
ビジュアル的にもちょっとインパクトありますよね。

ただ、本当にインフルエンザウィルスを防止したいのであれば

これがおすすめです。

でも最近は、N95よりも高性能のN99規格で、

インフルエンザウィルスの大きさ、

0.1ミクロンサイズも99%ガードしてくれるマスクがあるんです。
しかも見た目も普通で、普段使いでも問題なく使えるますね♪

若干価格は高めになりますが、
例えば人が多く集まる場所に行くときや
飛行機を利用するときなど、
感染の可能性が特に高くなる時用に使い分けてもいいですね。

あと購入する際には、自分の顔の大きさに
フィットしたものを選びましょう。

付けるときのポイントは、とにかく すき間を作らないこと!

すき間ができやすいのは、
鼻・ほお・あご

この3つの部分をしっかりとフィットさせることで
予防効果がグンと上がります。

鼻と頬をうまくフィットさせるには
ワイヤーの入ったマスクがおすすめです。

自分の鼻や頬のカーブに合わせて
折って使いましょう。
マスクをつけるときのマナーは?

マスクを付けると、
顔の大部分をカバーしてしまうことになるので
仕事や人と接するときに付けたままでいいのか
迷ったりしますよね。

特にしゃべることが多い接客業ですと
マスクを付けたままだと
相手が聞き取りにくくなる

という問題もあります。

第一は会社の方針に従うのが一番ですが、

例えば職場の人がインフルエンザで帰宅したり
感染の可能性が高い状況であれば
予防としてつけるのはいいと思います。

ただ、接客などでお客様に不愉快に思われないか心配な場合には、
「こんな時期ですので、みなさまにご迷惑をお掛けするわけにも行きませんから」

のようなニュアンスで一言その旨を伝えると
かえってきちんとしている、と
好感をもたれると思います。

自分が健康で、特に咳などもないのであれば
大事なプレゼンやお得意様の接客、接待などでは
マスクを外す、など状況に合わせて取り外しをするのも必要ですね。

発泡剤や研磨剤なしの無添加歯磨き粉特集